私が入社を決めた理由

目に見える商品ではなく"人間力"で勝負できる場を探す中で金融業界に行き着きました。
中でも、三井住友信託銀行は若手のうちから裁量権が与えられ、またお客さま起点で自由な発想のもと仕事ができることを知り興味が高まりました。
ここなら与えられるチャンスの数の多さからも、どこよりも早く成長できる環境があると思い入社を決めました。

あなたの仕事について教えてください

総合商社のお客さまの事業をともに創り上げる。

総合商社を担当するチームで法人RMをしています。今のチームでの経験は浅いのですが、日々目まぐるしく変化する環境のなか、忙しくも充実した日々を過ごしています。総合商社の事業分野は多岐にわたります。課題やニーズもさまざまで、さらにスピーディな対応が求められます。中でも、市場環境含め多様なリスク整理が要求される「プロジェクトファイナンス」は、お客さまの事業活動の一参加者として、ともに事業をつくり上げることができる点に大きな魅力とやりがいを感じています。

お客さまの未来を創った
エピソードを教えてください

信託のスキームを使いお客さまの財務課題を解決。

名古屋で勤務していた頃、3年間ほど新規開拓の仕事をしていました。お取引のないお客さまのもとへ突然伺い「何かお困りごとはないですか」とストレートに聞いても当然ニーズをお聞きすることはできません。お客さまの置かれた市場環境、資金の流れ、商流を入念に調べ、自分なりの仮説を持ち、お客さまと会話をすることで初めて真のニーズに近づくことができます。こうした活動の結果、ある日、お客さまが海外進出に伴うバランスシートの増加に悩んでいらっしゃることをお聞きすることができました。事業を拡大するためには海外進出が不可欠。しかしその一方で、一定のバランスシートのサイズを維持することが求められる難しい状況でした。さまざまな観点で議論を重ね、最終的に当社がご提案したのは、お客さまの資産を当社の信託機能を使い資金化する「流動化スキーム」と呼ばれるもの。資産の特性上、さまざまなハードルがあり、また当社はこれまでお取引のない"新規の銀行"の立場でしたので難しい局面もありました。しかし粘り強い提案活動および試行錯誤をお客さまがご評価くださり、当社にお任せいただくことになりました。信託銀行としての知見を発揮できた当社ならではの案件として、私にとって大変強く印象に残っている仕事です。

この仕事をとおしてどんな成長が得られますか?

「責任感」と「リーダーシップ」。

私たちは「自主独立の専業信託銀行」と呼ばれており、「銀行業務」と「信託業務」を一つの銀行で担う数少ない組織です。だから、私たち法人RMは、融資のご相談などの銀行業務に加え、不動産、年金、証券代行業務などのいわゆる"信託銀行ならでは"の業務についても窓口としてお客さまのお悩みに耳を傾けます。守備範囲が広く大変な面もありますが、幅広い業務分野に携わることで成長を実感できますし、お客さまのあらゆる課題、ニーズに最初から最後まで向き合うことができる点に大きな責任とやりがいを感じます。
法人RMに求められるのは案件をマネージする責任感、そして他事業部やときには他社とも協働しながらプロジェクトを前進させる推進力、リーダーシップが求められます。非常に刺激的な毎日の中で、そういった力が磨かれていくと思います。

自分のキャリアを
どのように創っていきたいですか?

これから発展する海外市場の成長を支えたい。

まずは現在の業務で一人前と言われるよう実績を積み、頼ってもらえる存在になりたいと考えています。そしてその後は、かつて私たちの先輩たちが日本の高度成長を支えたように、伸び行く海外市場の急成長を支える仕事ができたらと思っています。当社には、自らのキャリアを自ら切り拓いていける制度・環境があります。またスケールが大きいビジネスに、少数精鋭で立ち向かっている金融機関ですので、その分一人一人の意志の強さ、実行力が重要になります。そういう意味でも、私の想いが実現するのも決して夢物語ではないと思います。

学生時代を振り返って
どんな経験がいま生きていますか?

お客さまそれぞれのニーズに合わせ
ご提案する営業力。

学生時代のアルバイトは、家電量販店であるメーカーの説明員として白物家電を販売していました。特定メーカーの販売担当ではありましたが、他社商品の特徴も把握した上でそれぞれのウィークポイント、ストロングポイントを客観的に説明するように心掛けていました。また、お客さま一人一人のライフスタイルやご希望などに応じて、より一層使用するイメージを持っていただけるよう、具体的なエピソードを交えてご提案していた経験は、営業としての原点であり、現在の業務にも役立っていると思います。

この事業で働く社員

  • COMING SOON