私が入社を決めた理由

「佐野さんだからこそ任せられた」。そう言っていただけるような仕事に就きたいと考え、就職活動をしていました。
すでに形としてある商品で勝負するのではなく、いかに自分が付加価値をお客さまに提供できるか。
必然的にそうした提案が重要になる金融業界に興味を持ちました。
その中でも、提供できる「武器」を幅広く取り揃え、ワンストップで提供することでお客さまからより頼られるのは独立専業信託だと思い、
三井住友信託銀行に入社を決めました。

あなたの仕事について教えてください

金融仲介を進化させた投資家事業の
新たなソリューションをご提案。

私が所属している金融法人部は、今年度立ち上がった投資家事業の中枢部署です。これまでの「お預かりした資産をお貸しする」バンキングビジネスとしての金融仲介を進化させ、投資家さま起点での金融仲介を行うことで資金・資産・資本の好循環を投資家さまと共に創造することをビジョンとしています。そのビジョンを実現するために、重要なお客さまである金融法人を担当しています。具体的には、系統中央機関※という国内有数の投資家さまを担当するリレーションシップマネージャーとして、社内のコントロールタワーとなり様々な部署と連携しながら、お客さまとその先にある社会の課題解決に資するソリューションを日々考えご提案しています。

※地域の単位組合・都道府県単位の連合会・全国組織といった階層構造を持つ金融グループを統括する中核機関

お客さまの未来を創った
エピソードを教えてください

たとえ高いハードルでも、
お客さまを想えば乗り越えられる。

現在の投資家事業に着任する前、大阪で法人リレーションシップマネージャーとして勤務していた頃の話です。取引先の資金調達ニーズを察知し、信託銀行ならではの資産流動化スキームを提案したところ好印象で、ご契約の意向をいただきました。ただ、新規取り組みとなると、お客さまや社内関係部署とのセットアップに向けた調整等、様々なハードルがあります。その時、三井住友信託銀行内でお客さまを一番理解しているのは自分だという自負を持ちながら、日々社内外の調整に奔走しました。結果、無事契約に至ることができ、お客さまから「佐野さんの頑張りで実現できた」という嬉しいお言葉をいただけたことを今でも鮮明に覚えています。

この仕事をとおしてどんな成長が得られますか?

信託銀行だからできる連携が、リーダーシップや調整力を磨く。

取引先である金融機関は、抱えているお悩みや課題、考え方がわたしたちと似ています。受注側・発注側という関係以上に、隣で寄り添い同じ方向を見ながら共に解決策を考えていくことができるのは金融法人部の仕事のおもしろさです。成長という点では、信託銀行ならではの幅広い事業・他部署と連携し、プロジェクトをけん引していくリーダーシップに加え、社内のスペシャリストたちの知見を活用し、適切なソリューションを提案していく判断力や調整力が磨かれる仕事であることは間違いないでしょう。もちろん自身の成長だけではなく、フロント部署としての責任感を持ち、日々の仕事にやりがいを感じることができる点も大きな魅力です。

自分のキャリアを
どのように創っていきたいですか?

積み上げたお客さまの基盤とノウハウを掛け合わせ、
日本社会の変革を促していきたい。

この仕事の魅力は、三井住友信託銀行と取引先である金融機関の資金量やノウハウを掛け合わせて社会問題の解決に寄与するご提案ができること。いつか日本社会の変革を促せるような仕事ができるよう、日々精進していきます。

学生時代を振り返って
どんな経験がいま生きていますか?

主役が活躍できるよう支え役に徹することも。

現在の仕事では、社内外の多様なスペシャリストに主役となってもらいお客さまに提案することが多く、時にはベストな提案のための支え役に徹する能力や、操舵手として舵をとるためのバランス感覚が必須です。学生時代に熱中していたサッカーでは、一貫してディフェンスを務めていました。後方からチームを支え、攻撃陣に気持ちよく動いてもらう。両チームの動きを予測し、時には身を呈してゴールを守る。そういった経験により身についた、人や組織を支える力が今の業務に繋がっているのだと思います。

この事業で働く社員