私が入社を決めた理由

就職活動中は、業界や業種を絞らずに幅広く企業を検討していました。
その中でも金融業界、とりわけ信託銀行の業務の幅広さは魅力的でした。
さらにインターンシップや説明会などを通じて、私自身が重視していた「若手でも裁量権を持って仕事ができ、成長できること」、そして
「女性として長く働ける職場であること」、この2点においても当社は充実した環境が整っていると確信できましたので入社を決めました。

あなたの仕事について教えてください

プライベートエクイティファンドへの投資をサポート。

私が担当している仕事は、大手金融機関などの投資家向けに、プライベートエクイティ(未上場株式)ファンドへの投資に関するご提案およびサポート業務を行うことです。もう少し分かりやすく説明すると、プライベートエクイティファンドは、成長の可能性がある企業に対して、その成長支援を目的にマネジメントバイアウト※など株式非公開化の手法を含めた投資を行い、その企業の価値を高めた上で投資資金を回収することを目的としています。投資にあたっては「リターン」「リスク」「期間」など考慮すべきポイントがあります。それらを踏まえ投資家のニーズに合致するファンドを選定し、最適なご提案をする。それが私の仕事です。プライベートエクイティファンドへの投資は、経験や専門知識が必要。投資家も専門のチームを有している場合があり、知識だけでなくタイムリーかつオリジナルな情報提供が求められます。こうした要望にも対応できるよう、常に最新の市場動向を注視し、先輩方からも新しい知識を吸収するなど、学ぶ姿勢を大切にしています。

※会社経営陣が株主から自社株式を譲り受ける等で、オーナー経営者として独立すること。

お客さまの未来を創った
エピソードを教えてください

お客さまの投資の先にある、
社会の未来にも貢献できる。

入社年次が浅く、担当業務のスパンが長期にわたるということもあって、正直まだ仕事をやり遂げたという実感はありません。ですので、お客さまの未来を創ったという実感を持つまでには至っていないというのが正直なところです。ただ、プライベートエクイティファンドへの投資は、投資後の付加価値創造活動によって企業の成長を支援できたり、空港運営会社や有料道路等への投資をとおして社会インフラの整備の一助になったりします。お客さまの投資の手助けをすると同時に、社会に貢献できるという点においては未来を創っている仕事に携わっていることを誇りに思います。この仕事に大きなやりがいを感じるのは、そうした社会や未来への影響力の大きさを感じられるところにあります。

この仕事をとおしてどんな成長が得られますか?

機関投資家のお客さまにも
アドバイスできる高度な知識の習得。

プライベートエクイティファンドへの投資はニッチな領域です。投資家であるお客さまも大手金融機関をはじめとした金融の専門家。そのような百戦練磨のプロフェッショナルたちに納得いただけるご説明やご提案をするために求められる専門性は相当なものです。さらに、知識だけでなく市場の動向にも常にアンテナを張っておき、必要なタイミングで素早くお客さまに情報をご提供することも信頼関係を築く上で欠かすことができません。この業務に必要な専門性、スピード感、情報感度に、必死にしがみつきながら、今まさに鍛えられている、成長している最中です。上司や先輩たちは豊富な知識と経験を持っていますので、知識だけでなく、プロフェッショナルとしてお客さまとどう会話をするべきか、どう振る舞うべきかなど、一挙手一投足の全てが学びになっています。

自分のキャリアを
どのように創っていきたいですか?

ゆくゆくは海外の拠点で。
今の仕事を極め、
次のステップへ。

この部署に異動してまだ間もないですが、とにかく仕事が楽しく、毎日が充実しています。まずは今の業務をしっかり任せてもらえるよう、プライベートエクイティファンドの投資に関して一人前になりたいと考えています。そして将来的には、海外のファンドに関わる仕事にも興味を持っています。当社には海外のファンドとやり取りを行う拠点が香港にあり、そこで働くことが今後のキャリアにおける一番の目標ですね。

学生時代を振り返って
どんな経験がいま生きていますか?

「知らない」を「知っていく」喜び。

学生時代に二度、フランスへ留学しました。留学先はフランスでも日本人の少ない地域。私自身もあまりよく知らない土地でしたが、生活をしながらその土地のことを少しずつ知っていくことが楽しかったのを覚えています。知らないことに好奇心を持ち、それらを吸収していくことは当時から得意でしたので、新たな部署で次々と新たな業務に携われることは私にとって苦ではなく、むしろ喜びです。今、携わっているプライベートエクイティファンドへの投資業務は近年特に拡大している領域で、まだまだ成熟していません。新しい課題やお客さまのニーズが生まれるなかで、その状況をも楽しめるマインドは留学の時のマインドに似ているかもしれません。

この事業で働く社員